木之元製菓は大分県別府市にて
私の祖父が作り始めました
昭和二十七年のことです
当時は戦後間もないころで
別府の街が新たに活気を取り戻している時代でした
鉄製のせんべい焼き機で
高温の焼きたてせんべいを一枚一枚素手で扱う
製造スタイルは機械もそのままに
六十年以上たつ今でも変わりません
別府エリアでの行商販売だた時代から
今では県全土から一部県外のお店までと
扱われるようになりました
私たちのシンボルともいえる
蜜蜂の焼印も当時からのものです
日本大分別府の発展とともに
時代を超え今も愛され続けるハチミツせんべい
変わらずいつまでも大分の食卓にありたい
このことが私たちの願いであり目標です
木之元製菓
木之元 友則